日本最大の催眠術教室

【プロ解説】催眠術はラポールが9割!「威光」を上げる戦略5つ紹介!【NG例3選も】

    
催眠術を掛けているところを見せる
\ この記事を共有 /
【プロ解説】催眠術はラポールが9割!「威光」を上げる戦略5つ紹介!【NG...
  • ラポールと威光ってなに?
  • テンプレートを読むだけで掛からないのはなぜ?
  • 催眠術の話題の出し方を知りたい!

催眠術を成功させるには、
テクニックが大事だと
思っていませんか?

テクニックも大事ですが、それ以前に、
体験者とラポール形成が出来ていないと
どんなに上手に催眠術を掛けても
絶対に成功しません。

つまり、催眠術成功のカギは、
「ラポールで決まる」と言っても
過言では無いのです。


今回は、2011年から10年以上
プロ催眠術師として活躍し、
1000人以上の催眠術師を育てた
日本最大の催眠術スクールの代表が、

「ラポール形成の方法」について
詳しく解説します。

また、ラポールを
形成するために大事な「威光」を
簡単に上げる方法も5つご紹介します。


また、上手にラポールを
形成できるようになると、

催眠術をかけられるように
なるだけではなく、

日常のコミュニケーションが上達するので、
ぜひマスターしてくださいね。

最後に、

「つい言ってしまいがちな
 ラポールを壊してしまうNG例3つ」

も合わせてご紹介するので、
じっくりとご覧ください。

ラポールとは?催眠術師への信頼

催眠術師へのラポールの形成

ラポールは、
「信頼関係」と訳されることが
多いのですが、

ここで言う信頼関係とは、
友達との信頼関係ではなく、
「催眠術師として信頼してもらう」
ということになります。


私はよく、
お医者さんの例を出すのですが、

風邪を引いた時に
誰に診断してもらうかと言えば、
お医者さんに診てもらいますよね?

いくら、仲が良くても
友達に診てもらおうとは思わないはずです。


それは、お医者さんとして
信頼しているからです。

これがラポールです。


催眠術を掛ける場合も全く同じで、
催眠術を掛けるためには、
催眠術師として信頼してもらうことが
大切になります。


特に、催眠術を掛けようと思った場合、
催眠術を掛ける最初のステップに、
ラポール形成があるので、
非常に重要な部分です。

催眠術をかける流れの全体像を知りたい方は、
先にこちらをお読みください。

⇒【TV出演のプロが暴露】簡単な催眠術のかけ方を初心者向けに公開!

威光とは?スゴウデ催眠術師と認めてもらう

すごい催眠術師に驚く

威光は、別の言い方で、
「権威」と言ったりもします。

簡単に言えば、
「すごい人だ!」
と思ってもらうことです。

催眠術の場合だと、

「この人はスゴウデの催眠術師だ!」

と信頼してもらうことです。


催眠術を掛けるためには、
一番最初のステップとして
ラポールの形成があります。

そして、催眠術が失敗する原因の9割は、
ラポールの形成が上手くできずに
失敗してしまうことがほとんどです。

しかし、逆を言えば、
威光を上げて強力なラポールを形成できれば、

催眠術の成功率を
大幅に上げることができます。

今回は、
催眠術師の威光を上げる方法を
5つご紹介したいと思います。

威光を上げる方法5選

①催眠術師であると名乗る

私は催眠術師です

威光を上げるために
催眠術師が最初に行うのは、

「私は催眠術ができます。」
「私は催眠術師です。」

としっかりと名乗ることです。


基本的なことですが、
「催眠術ができる人なんだ! 」
と信頼してもらえ、
ラポールが形成できます。

ちなみに、ラポールというのは、
最初のステップで重要なだけではなく、

催眠術を掛ける流れを通じて、
どんどん強化をしていく必要があります。

ラポールが強力になればなるほど、
深い催眠術を掛けることができるので、
覚えておいてくださいね。

②催眠術師の名刺を作る

催眠術師の名刺

催眠術師と自分の名前、
もしくはニックネーム(催眠ネームと言ったりもする)を
記載した名刺を作ることで、
簡単に威光を上げることができます。

作った名刺は、
催眠術を掛ける時に
相手に渡します。

やっぱり、
名刺と言うのはすごく信頼性が高いです。

特に日本人には
信頼性がすごく高いです。

なので、そういう名刺があるということは、

「本当に催眠術師として
 活動している方なんだ!」

というふうに、
信頼してもらいやすいです。


今の時代は、名刺も、
すごく簡単に作れるので、
おすすめのところを紹介しておくので
作ってみてください。

⇒名刺の大手!マヒトデザインはこちら

③友人に紹介してもらう

友達に催眠術師を紹介

友人などの第三者から、

「この人はすごい催眠術師なんだよ!」

と紹介してもらうことで、
簡単に威光を上げることができます。

体験する人の立場に立って考えてみると、
すごい催眠術師だと紹介されたら、
「えっ!そうなんだ!」と
信じやすいですよね。

なので、
自分で催眠術師と名乗るだけではなく、

第三者から
すごい催眠術師と紹介されることで
威光が上がります。

これは、事前に
友人などに頼んでおくと効果的です。

④催眠術を掛けているところを見てもらう

催眠術を掛けているところを見せる

催眠術を掛けているところを
実際に見てもらうことで、
威光を上げることができます。

特に、以前催眠術を掛けた人がいる場合は、
まずはその人に催眠術を掛けましょう


すると、他の人も、
「すごい!催眠術を掛けられる人なんだ! 」
と思ってもらえます。

それを見ている周りの人も、
催眠術が掛かりやすい状態になります。


自分が催眠術を掛けているところを見せることができれば、
威光がグーンと上がります。

⑤催眠術の成功動画を見てもらう

スマホで催眠術の動画を見せる

自分が催眠術を掛けている動画を
見てもらうことで、
威光を上げることができます。

動画を観てもらうことで、
「本当に催眠術ができる人なんだ!」
と信頼してもらえますよね。

なので、催眠術を
掛ける機会が合った時には、

できるだけ動画を
撮っておいた方が良いでしょう。

一度、動画を撮ることが出来れば、
その後もずっと見せることができるので、
簡単に威光を上げることができます。

ちなみに、うちのスクール生の場合は、
催眠術の撮影会などもしているので、
そこで催眠術を掛ける動画などを撮って
プロの方に編集してもらっています。

それを催眠術を掛ける前に見せることで、
みんな威光がグーンと上がって、
成功率が上がっています。

YouTubeでも良いし、
自分のスマホでも良いので、
自分が催眠術を掛けて成功しているところの動画を
撮っておくのはおすすめです。

絶対に言ってはダメ!威光を下げるNG例3選

威光を下げる催眠術のNG例

コレを言ってしまうと、
逆に威光を下げてしまい、
ラポールを壊してしまうNG例もあります。

失敗を避けるために、
合わせてご紹介しておきます。

①初心者です

初心者催眠術師

「私は催眠術を習いたての初心者なんですけど・・・」

と自己紹介をしてしまうと、
威光が下がります。


これは、催眠術が上手く出来ないと
宣言しているようなものです。

「本当に催眠術を掛けられるのかな?」
と疑われてしまい、
催眠術師として信頼してもらえません。


そして、ラポールが形成できていない状態で
催眠術を掛けてもほぼ失敗します。

実は、催眠術が上手くいかない人の多くは、
このミスを犯してしまっています。

催眠術のテンプレート通りにやっているのに
上手にかけることができない人は、
最初のラポールの構築が
上手くいっていません。

この言葉を言わないように、
注意しましょう。

②練習させてください

催眠術の練習

催眠術を覚えたての頃に
すごく多いのですが、

「催眠術を覚えたので、
 ちょっと練習させてもらえませんか?」

と、相手の方に
言ってしまうことです。

これは、
1つ目の「私は初心者です」と
言っているようなものなので、
威光を下げてしまいます。

言わないように注意しましょう。

③自信がありません

自信のない催眠術師

「自信が無いんですけど・・・」
と言ってしまうと、
威光を下げてしまします。

これも先ほどの例と同じですね。

「初心者です」と言っているのと同じなので、
威光が下がって掛かりません。


・・・と、ここまでNG例をご紹介してきましたが、
相手の方の立場に立って考えると分かりやすくなると思います。

例えば、看護師さんに
注射を打たれる時のことを
イメージしてみてください。



新人ナースの注射

看護師さんに注射をしてもらう時に、

「私、注射は今日が初めての初心者なので、
自信が無いんです」

と言われたら、
どう感じるでしょうか?

たぶん、注射をされるのが
怖く感じると思います。


これは、催眠術も同じです。

催眠術を初めて体験する方も、
「こわい!かかりたくない!」と思われてしまい、
ラポールが形成できません。

みんな同じ気持ちなんですね。

なので、この3つの言葉は
特に初心者の方が言ってしまいやすい
言葉なのですが、

グッと飲み込んで
言わないようにしてください。


NG例を言わないようにして、
逆に、威光を上げるような戦略を使い、
ラポールを形成してください。

それができれば、初心者の方でも
催眠術を掛けることは可能です。

まとめ

  • ラポールとは、催眠術師への信頼
  • 威光とは、スゴウデ催眠術師と思われること

威光を上げる戦略5選

  • ①催眠術師であると名乗る
  • ②催眠術師の名刺を作る
  • ③友人に紹介してもらう
  • ④催眠術を掛けているところを見てもらう
  • ⑤催眠術の実践動画を見てもらう

威光を下げるNG例3選

  • NG例①初心者です
  • NG例②練習させてください
  • NG例③自信がありません

催眠術のかけ方を知りたい方は、
こちらも合わせてご覧ください。

⇒【TV出演のプロが暴露】簡単な催眠術のかけ方を初心者向けに公開!

催眠術の教科書が完成しました

初心者のための催眠術の教科書
催眠術のノウハウをギュッと詰め込んで、
一冊の電子書籍にまとめました。

期間限定で無料プレゼント中ですので、
今すぐダウンロードしてください。
Copyright©催眠術師養成スクールSSO,2021All Rights Reserved.